福島県浄化槽協会

ホーム > 法定検査 > 法定検査とは

福島県浄化槽協会マスコットキャラクター

法定検査

BOD測定について

法定検査とは

検査手数料

検査手数料は規模・処理方式・法第7条・法第11条別で以下の表のとおりです。

  法第7条 法第11条
単独処理 合併処理
10人槽以下 10,000 4,000 6,000
11人槽~20人槽 13,000 6,000 8,000
21人槽~100人槽 15,000 8,000 10,000
101人槽~500人槽 19,000 12,000 14,000
501人槽以上   14,000  
501人槽~3,000人槽 21,000   16,000
3,001人槽以上 24,000   19,000

検査の内容

浄化槽検査委員会では、平成14年2月7日付け環廃対第104号及び第105号環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課浄化槽対策室長通知「浄化槽法第7条及び第11条に基づく浄化槽の水質に関する検査の検査内容及び方法、検査票、検査結果の判定等について」「浄化槽法定検査判定ガイドライン」に基づき検査を実施しております。

外観検査 水質検査 書類検査
  1. 水素イオン濃度指数(pH)
  2. 汚泥沈降率(SV)
  3. 溶存酸素量(DO)
  4. 透視度
  5. 塩化物イオン(塩素イオン)濃度
  6. 残留塩素の濃度
  7. 生物化学的酸素要求量(BOD)

※現在は法第7条検査及び第11条検査 (BOD測定)のみ実施

  1. 保守点検記録
  2. 清掃記録

検査の判定

適正 浄化槽の設置及び維持管理に問題があると認められない場合
おおむね適正 1.浄化槽の設置及び維持管理に関し、一部改善することが望ましいと認められる場合
2.又は今後の経過を注意して観察する必要があると認められる場合
不適正 浄化槽の設置及び維持管理に関し、法に基づく浄化槽の構造、工事、保守点検及び清掃に係る諸基準に違反しているおそれがあると考えられ、改善を要すると認められる場合

検査結果

検査済証

検査の結果総合判定し、後日管理者に検査結果を送付いたします。検査実施後、検査員は検査済証を交付貼付いたします。

Q&A

  • Q1.11条検査は、どのように行われるのですか?

    • 福島県における11条検査では、BOD等の水質検査、保守点検記録票に基づく外観検査及び書類検査から、浄化槽の機能をより的確に判定することができます。 浄化槽放流水の採水は、浄化槽管理士の有資格者であって、指定検査機関が委嘱した検査補助員(検査補助員証を携帯しています。)がBOD等の分析試料の採水を行います。検査補助員が、採水にお伺いした際には、皆様方のご協力をよろしくお願いいたします。
  • Q2.保守点検業者と契約しているのに、11条検査も受けるのですか?

    • 福島県における11条検査では、BOD等の水質検査、保守点検記録票に基づく外観検査及び書類検査から、浄化槽の機能をより的確に判定することができます。 浄化槽放流水の採水は、浄化槽管理士の有資格者であって、指定検査機関が委嘱した検査補助員(検査補助員証を携帯しています。)がBOD等の分析試料の採水を行います。検査補助員が、採水にお伺いした際には、皆様方のご協力をよろしくお願いいたします。
  • Q3.BOD測定の結果、水質が悪かった場合はどうすればいいのですか?

    • 11条検査は、水質検査・外観検査・書類検査の結果から総合的に判断を行います。その判定に指摘事項があった場合は、委託している保守点検業者にご相談ください。また、BODの値が高く原因が判明しない場合等は、浄化槽検査員が直接お伺いして再検査を行い、的確なアドバイスをいたします。 (なお、再検査にかかる費用負担はありません)
  • Q4.個人情報は、きちんと保護されますか?また、どのように扱われますか?

    • 11条検査の結果等(写し)は、市町村及び契約の保守点検業者に送られますが、11条検査に関する個人情報は、個人情報保護法に基づき保護されます。なお、検査結果等の浄化槽に関するデータについては今後の水環境の保全、生活排水(浄化槽の適正な維持管理のために)に活用させていただく場合があります。

検査データ

福島県における浄化槽法定検査の結果を公開しています。ご希望の年度を選択すると各年度の検査データがご覧いただけます。

法定検査

法定検査

浄化槽をお使いの方は、年1回法定検査を受けることが義務付けられています。

こども環境教室

福島県内の小学校などで水環境にまつわるこども環境教室を随時開催しています。