保守点検の回数は、次の表に掲げる期間ごとに1回以上とする。

みなし浄化槽(単独処理浄化槽)の保守点検回数
処理方式浄化槽処理対象人員の区分(人槽)期間
全ばっ気方式20人槽以下3月
21人槽以上300人槽以下2月
301人槽以上1月
分離接触ばっ気方式
分離ばっ気方式
単純ばっ気方式
20人槽以下4月
21人槽以上300人槽以下3月
301人槽以上2月
散水ろ床方式
平面酸化床方式
地下砂ろ過方式
 6月
浄化槽(合併処理浄化槽)の保守点検回数
処理方式浄化槽処理対象人員の区分(人槽)期間
分離接触ばっ気方式
嫌気ろ床接触ばっ気方式
脱窒ろ床接触ばっ気方式
20人槽以下4月
21人槽以上50人槽以下3月
活性汚泥方式 1週
回転板接触方式
接触ばっ気方式
散水ろ床方式
1.砂ろ過装置、活性炭吸着装置または凝集槽を有する浄化槽1週
2.スクリーン及び流量調整タンクまたは流量調整槽を有する浄化槽(1に掲げるものを除く)2週
3.1及び2に掲げる浄化槽以外の浄化槽3月

※駆動装置又はポンプ設備の作動状況の点検及び消毒剤の補給は、規定にかかわらず、必要に応じて行うものとする。
> 戻る







第1条
 浄化槽法(以下「法」という。)第3条第3項の規定による浄化槽の使用に関する準則は、次のとおりとする。
 
  1. し尿を洗い流す水は、適正量とすること。
  2. 殺虫剤、洗剤、防臭剤、油脂類、紙おむつ、衛生用品等であつて、浄化槽の正常な機能を妨げるものは、流入させないこと。
  3. 法第3条の2第2項又は浄化槽法の一部を改正する法律(H12法106)附則第2条の規定により浄化槽とみなされたもの(以下「みなし浄化槽」という。)にあつては、雑排水を流入させないこと。
  4. 浄化槽(みなし浄化槽を除く。第6条第2項において同じ。)にあつては、工場廃水、雨水その他の特殊な排水を流入させないこと。
  5. 電気設備を有する浄化槽にあつては、電源を切らないこと。
  6. 浄化槽の上部又は周辺には、保守点検又は清掃に支障を及ぼすおそれのある構造物を設けないこと。
  7. 浄化槽の上部には、その機能に支障を及ぼすおそれのある荷重をかけないこと。
  8. 通気装置の開口部をふさがないこと。
  9. 浄化槽に故障又は異常を認めたときは、直ちに、浄化槽管理者にその旨を通報すること。
> 戻る





第2条
法第4条第5項の規定による浄化槽の保守点検の技術上の基準は、次のとおりとする。
 
  1. 浄化槽の正常の機能を維持するため、次に掲げる事項を点検すること。
    • イ 前条の準則の遵守の状況
    • ロ 流入管きよと槽の接続及び放流管きよと槽の接続の状況
    • ハ 槽の水平の保持の状況
    • ニ 流入管きよにおけるし尿、雑排水等の流れ方の状況
    • ホ 単位装置及び附属機器類の設置の位置の状況
    • ヘ スカムの生成、汚泥等の堆積、スクリーンの目づまり、生物膜の生成その他単位装置及び附属機器類の機能の状況
  2. 流入管きよ、インバート升、移流管、移流口、越流ぜき、流出口及び放流管きよに異物等が付着しないようにし、並びにスクリーンが閉塞しないようにすること。
  3. 流量調整タンク又は流量調整槽及び中間流量調整槽にあつては、ポンプ作動水位及び計量装置の調整を行い、汚水を安定して移送できるようにすること。
  4. ばつ気装置及びかくはん装置にあつては、散気装置が目づまりしないようにし、又は機械かくはん装置に異物等が付着しないようにすること。
  5. 駆動装置及びポンプ設備にあつては、常時又は一定の時間ごとに、作動するようにすること。
  6. 嫌気ろ床槽及び脱窒ろ床槽にあつては、死水域が生じないようにし、及び異常な水位の上昇が生じないようにすること。
  7. 接触ばつ気室又は接触ばつ気槽、硝化用接触槽、脱窒用接触槽及び再ばつ気槽にあつては、溶存酸素量が適正に保持されるようにし、及び死水域が生じないようにすること。
  8. ばつ気タンク、ばつ気室又はばつ気槽、流路、硝化槽及び脱窒槽にあつては、溶存酸素量及び混合液浮遊物質濃度が適正に保持されるようにすること。
  9. 散水ろ床型二次処理装置又は散水ろ床にあつては、ろ床に均等な散水が行われ、及びろ床に嫌気性変化が生じないようにすること。
  10. 平面酸化型二次処理装置にあつては、流水部に均等に流水するようにし、及び流水部に異物等が付着しないようにすること。
  11. 汚泥返送装置又は汚泥移送装置及び循環装置にあつては、適正に作動するようにすること。
  12. 砂ろ過装置及び活性炭吸着装置にあつては、通水量が適正に保持され、及びろ材又は活性炭の洗浄若しくは交換が適切な頻度で行われるようにすること。
  13. 汚泥濃縮装置及び汚泥脱水装置にあつては、適正に作動するようにすること。
  14. 吸着剤、凝集剤、水素イオン濃度調整剤、水素供与体その他の薬剤を使用する場合には、その供給量を適度に調整すること。
  15. 悪臭並びに騒音及び振動により周囲の生活環境を損なわないようにし、及び蚊、はえ等の発生の防止に必要な措置を講じること。
  16. 放流水(地下浸透方式の浄化槽からの流出水を除く。)は、環境衛生上の支障が生じないように消毒されるようにすること。
  17. 水量又は水質を測定し、若しくは記録する機器にあつては、適正に作動するようにすること。
  18. 前各号のほか、浄化槽の正常な機能を維持するため、必要な措置を講じること。
> 戻る





第3条
法第4条第6項の規定による浄化槽の清掃の技術上の基準は、次のとおりとする。
 
  1. 多室型、2階タンク型又は変型2階タンク型一次処理装置、沈殿分離タンク又は沈殿分離室、多室型又は変型多室型腐敗室、単純ばつ気型二次処理装置、別置型沈殿室、汚泥貯留タンクを有しない浄化槽の沈殿池及び汚泥貯留タンク又は汚泥貯留槽の汚泥、スカム、中間水等の引き出しは、全量とすること。
  2. 汚泥濃縮貯留タンク又は汚泥濃縮貯留槽の汚泥、スカム等の引き出しは、脱離液を流量調整槽、脱窒槽又はばつ気タンク若しくはばつ気槽に移送した後の全量とすること。
  3. 嫌気ろ床槽及び脱窒ろ床槽の汚泥、スカム等の引き出しは、第一室にあつては全量とし、第一室以外の室にあつては適正量とすること。
  4. 2階タンク、沈殿分離槽、流量調整タンク又は流量調整槽、中間流量調整槽、汚泥移送装置を有しない浄化槽の接触ばつ気室又は接触ばつ気槽、回転板接触槽、凝集槽、汚泥貯留タンクを有する浄化槽の沈殿池、重力返送式沈殿室又は重力移送式沈殿室若しくは重力移送式沈殿槽及び消毒タンク、消毒室又は消毒槽の汚泥、スカム等の引き出しは、適正量とすること。
  5. 汚泥貯留タンクを有しない浄化槽のばつ気タンク、流路及びばつ気室の汚泥の引き出しは、張り水後のばつ気タンク、流路及びばつ気室の混合液浮遊物質濃度が適正に保持されるように行うこと。
  6. 前各号に規定する引き出しの後、必要に応じて単位装置及び附属機器類の洗浄、掃除等を行うこと。
  7. 散水ろ床型二次処理装置又は散水ろ床及び平面酸化型二次処理装置にあつては、ろ床の生物膜の機能を阻害しないように、付着物を引き出し、洗浄すること。
  8. 地下砂ろ過型二次処理装置にあつては、ろ層を洗浄すること。
  9. 流入管きよ、インバート升、スクリーン、排砂槽、移流管、移流口、越流ぜき、散気装置、機械かくはん装置、流出口及び放流管きよにあつては、付着物、沈殿物等を引き出し、洗浄、掃除等を行うこと。
  10. 槽内の洗浄に使用した水は、引き出すこと。ただし、嫌気ろ床槽、脱窒ろ床槽、消毒タンク、消毒室又は消毒槽以外の部分の洗浄に使用した水は、一次処理装置、2階タンク、腐敗室又は沈殿分離タンク、沈殿分離室若しくは沈殿分離槽の張り水として使用することができる。
  11. 単純ばつ気型2次処理装置、流路、ばつ気室、汚泥貯留タンクを有しない浄化槽のばつ気タンク、汚泥移送装置を有しない浄化槽の接触ばつ気室又は接触ばつ気槽、回転板接触槽、凝集槽、汚泥貯留タンクを有しない浄化槽の沈殿池及び別置型沈殿室の張り水には、水道水等を使用すること。
  12. 引き出し後の汚泥、スカム等が適正に処理されるよう必要な措置を講じること。
  13. 前各号のほか、浄化槽の正常な機能を維持するため、必要な措置を講じること。
> 戻る







第1条  浄化槽法(以下「法」という。)第4条第3項の規定による浄化槽工事の技術上の基準は、次のとおりとする。
 
  1. 浄化槽工事用の図面及び仕様書に基づいて行うこと。
  2. 浄化槽が法第四条第一項に規定する浄化槽の構造基準に適合するように行うこと。
  3. 浄化槽に損傷等が生じないように行うこと。
  4. 工事開始にあたっては、浄化槽の設置位置、放流先等現場の状況を十分把握し、適切な施行に努めること。
  5. 根切り工事、山留め工事等は、次に定めるところにより行うこと。
    • イ 建築物その他の工作物に近接して行う場合においては、あらかじめ、当該工作物の傾斜、倒壊等を防止するため必要な処置を講ずること。
    • ロ 地下に埋設されたガス管、ケーブル、水道管等を損壊しないように行うこと。
    • ハ 根切り工事を行う場合においては、当該根切り工事の深さ並びに地層及び地下水の状況に応じて、あらかじめ、山留めの設置等地盤の崩壊を防止するために必要な措置を講ずること。
    • ニ 埋戻しを行う場合においては、浄化槽内に異物が入らないように行うとともに、十分な締固めを行うこと。
    • ホ 法第十三条第一項又は第二項の認定を受けた浄化槽の埋戻しは、浄化槽の水平を確認しつつ行うこと。
  6. 基礎工事は、地盤の状況に応じて、基礎の沈下又は変形が生じないように行うこと。
  7. 基礎の状況などに関する記録を作成すること。
  8. コンクリートの打ち込みは、打ち上がりが均質で密実になるように行い、かつ、所要の強度になるまで適切に養生すること。
  9. 地下水等の状況に応じて、浄化槽の浮き上がりを防止するために必要な措置を講ずること。
  10. 沈殿室または沈殿槽のホッパーの表面は、必要に応じて、沈殿作用に支障が生じることのないように仕上げを行うこと。
  11. 接触材、ばつ気装置などを浄化槽に固定する場合においては、ばつ気、かくはん流、振動等によりその機能に支障が生じることのないように行うこと。
  12. 越流ぜきの調整が必要な場合においては、越流水量が均等になるように調整すること。
  13. 浄化槽内において配管が貫通する部分は、必要に応じて仕上げを行うこと。
  14. 電気設備については、接地等が適切に行われ、安全上及び機能上の支障がないことを確認すること。
  15. ポンプ、送風機などの機器が正常に作動することを確認すること。
  16. 工事現場における浄化槽工事に使用する材料及び機器の保管は、品質及び性能に支障が生じないように行うこと。
  17. 工事現場における地盤の崩壊、資材の倒壊などによる危害を防止するために必要な措置を講ずること。
> 戻る