今回の事故報告に伴い、福島県浄化槽協会では県内の清掃許可業者すべてを対象としたアンケート調査を実施しました。
 結果については、下記の通りです。
 ※アンケートの回答用紙

アンケートの概要    対象者数:136社(内訳:専業…42社/保守点検兼業…94社)
   回答者数:77社
   回答率:約57%


  1. 清掃時における浄化槽の浮上について

    浮上したことは無い:76社
    浮上したことが有る:1社(2件)※今回の事故を除く


  2. 浮上した浄化槽の状況について

     事例@事例A
    @型式・人槽コンパクト型(7人槽)コンパクト型(7人槽)
    A清掃年月日平成17年7月頃平成17年9月頃
    B清掃時又は清掃前の降雨不明
    C清掃箇所嫌気ろ床第1室及び第2室全量嫌気ろ床第1室及び第2室全量
    D浮上時の作業状況 引抜き直後引抜き直後


  3. 意見等
    • 浮上のおそれがある場合は、施工の段階で現場の土質に適した工事をしてほしい。(同意見:他3社)
    • 上部スラブを打設していない例もあり、工事業者の浮上に対する配慮が足りない。(同意見:他1社)
    • 浮上以外に、土圧による槽本体の変形や内部設備の破損もある。