福島県よりディスポーザー対応の浄化槽について、通知がありました。

  1. ディスポーザー排水を処理できる浄化槽はディスポーザー対応型のみであり、通常型の浄化槽は設計上ディスポーザー排水の処理ができないこと。


  2. ディスポーザー対応浄化槽を設置する場合は、ディスポーザー排水を流すことを前提とした配管であること。


  3. ディスポーザーの使用に当たっては取扱説明書に従い、浄化槽に対して過大な負荷をかけないようにすること。


  4. 通常型の浄化槽に比べて、汚泥の発生量が多くなるので、清掃費用が余計にかかる場合があること。


  5. 「福島県猪苗代湖及び裏磐梯湖沼群の水環境の保全に関する条例」の対象地域においては、ディスポーザーの設置そのものが禁止されていること。