市町村の一般会計から企業決算への昨年度繰入額が、福島県全体で約466億に上り、国の基準額である約210億の2.2倍に上ることが分かった。
 そのうち、下水道事業に関しては、国の基準額が約121億のところ、実繰入額が約292億であり、超過繰入額は約171億に上る。
 下水道に関する繰入は、全体の繰入額の約60%にあたる。

(単位:百万円)
  収益的収支への繰入 資本的収支への繰入 合計
実繰入額 基準額 実繰入額 基準額 実繰入額 基準額 超過額
法適用企業 5,857 3,827 4,892 3,390 10,749 7,217 3,532
法非適用企業 15,376 8,781 20,481 5,030 35,858 13,811 22,047
※うち下水道 13,398 7,764 15,840 4,346 29,239 12,110 17,129
  34,631 20,372 41,213 12,766 46,607 21,028 25,579

◎法適用企業とは 地方公営企業法の適用を受ける企業
◎非法適用企業とは 地方公営企業法を適用せず、地方自治法、地方財政法等の適用を受ける事業

 詳細は福島県総務部市町村領域市町村財政グループのHPに掲載されています。
 ※ファイルは、公営企業会計

  http://www.pref.fukushima.jp/shichousonzaisei/